不倫経験者が語る本音ブログ

不倫を経験したから社内不倫やダブル不倫の悩み、辞めたくても辞められない辛さがわかります。果たして不倫はいけない事なのか?

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfbBEAXKcuzI7527qO8lczjwPFIfLZ4pImHmZi-MSKVAL-3ig/viewform?usp=pp_url&entry.432342568=Option+1

私の不倫体験⑤ 不倫男の本音

 

年下君は奥さんが里帰りしてるのを良い事に、私を何度も誘ってきた。

そしてその度、良いホテルに連れて行ってくれた。

年下君は、いつも目一杯甘えてくる。

赤ちゃん言葉になって、子供に戻ったかのように甘えてくる。

そして、こんな事を言っていた。

「嫁は年下なんだけど、僕は本当は年上が好きなんだ」

「本当は甘えたいし、ヨシヨシされたいけどさせてくれない」

「束縛が激しいし、安らげない」

 

家に安らぎと癒やしがないから、年上の女と不倫してしまうようだった。

だからといって、不倫して良い理由にはならない。

だが、家に帰って小言を言われて、労いの言葉も無く束縛ばかりされたら、他に癒やしを求めてしまうのもわからなくはない。

 

だから年下君は、私と会った時は思う存分甘えてきた。

奥さんに無いものを外に求める。

それは、癒やしも体も両方だ。

ずるいなと思いながら、それでも私には関係ないので気にはならなかった。

 

 

そんな不倫が3ヶ月程続いた頃、私はだんだんと年下君に飽きてきた。

最初は年下だから甘えてくるのも可愛く思えたし、不倫という刺激が楽しかったが、そもそも好きではないから、わざわざ会う為に夜出掛けるのもめんどくさくなってきた。

なんでこの人の為に、私の時間を割かないといけないのかと思えてきた。

好きではないと、会うことすらめんどくさくなってくる。

不倫が楽しいのは、最初の一ヶ月だけだなと思った。

でもその頃には、年下君は私との不倫にハマっているのでどんどん誘ってくる。

最初は駆け引きで断わっていたのに、今度は本気で断わるようになっていた。

けど、断わっても断わっても、必死で追いかけてくる。

年下君は周りが見えなくなっていた。

 

まぁ、ハマらせるという最初の目的は達成されたので、私は満足だった。

 

 

 

 

https://www.hinakirakira.space/otoiawase